2011/11/25

帰れるのなら…

この時期は、正直…一番、辛い…

昨年の11月21日、4ヶ月のあずきを動物病院に連れて行き、
白血病ウィルスの検査をした後、陰性だったので、
3種、ではなく、白血病をふくむ4種混合ワクチンを打った…
その1週間後、突然てんかんのような発作を起こし、
病院に急きょ連れて行き、その場で入院となった…

最終的に、死因はFIP=猫伝染性腹膜炎とされたが、本当の所はわからない…

あずきが亡くなってしばらくたった後、
このいささか性急だったワクチン接種が問題だったのではないかと薄々思っていた私は、
とても怖かったが、意を決して調べてみた事がある…

ネットで検索を繰り返し、
何軒かのブログに到達し、そこでは同じ様な事が書かれていた。

「アメリカでは白血病ワクチンを接種後、FIPを発症する仔猫が少なからずいる…」

「猫における白血病のウイルスに対する感染も
ワクチン接種が引き金になっていることが多く、
さらにこのワクチン接種が原因で
2~3週間後に猫伝染性腹膜炎を引き起こすことさえあると言う…」
 また、早すぎる月齢の子に対しては、
ワクチン接種は慎重になれ・ということも書いてあった。

上記の内容に関して本当なのかどうか、信ぴょう性は定かではないが、
あずきの事例と符合する点が多く、これらの事は脳裏に焼きついた…


当時、あずきのFIP発症は、もしかしたら摂取したワクチンに関係があるのでないかと、
少し不安に思った私は、
かかりつけの医師に聞くのではなく(当時、勇気がわかなかった…)
セカンド・オピニオンで相談にいった別の医師に聞いてみた。
が、やはり、ワクチンと病気の因果関係はわからない、
そうではないんじゃないか・という意見だった。
同様な事を言われたと、検索してたどり着いたブログにも書かれていた。
仮にそうだとしても、因果関係を認めるはずがない…そうだろう、と思う。

猫に詳しい方に相談をしても、同じ様な事例がなく、
ワクチンによって引き起こされたのであれば、非常にまれなケースであったのか、
それとも関係はなく、別の要因なのか、
そもそもFIPではなかったのか、
(発症後の検査では、FIPの原因とされるコロナウイルスの値は100であった。
この値は陰性になるらしいが、まったくウィルスがいないという値では無く、
また子猫の場合は変動が大きい為、あまりあてにならないらしいが…)
今となっては、真相はもう、わからない…

ただ、今でも心にしこりとなって残っているのは、
ワクチンは、特に「4種混合」は早すぎたのではなかったか・という事…
そして、勉強不足で、接種に待った!をかけれなかった、私自身の認識の甘さ、責任の重さ…
たった一つの、大事で大切でしかたがなかった命を犠牲にしてしまったという、
背中に背負った「十字架」は、一生下ろすことはないだろう…

できることなら、あの日にかえって、やめて・といいたい。
決して、そのせいだとは言い切れないけれど、
あずきを失う可能性の一つでも、防げる事ができるなら…
私は、11月21日のあの日にもどりたい…


ごめんね、ごめんね、・・・と何度も心で謝罪をしながら、
あずきの仏壇に手を合わせた。

私はまだ、自責と、罪悪感と、悲しみの深い深い谷底にいる。
黒猫を見る度に、心が締めつけられ、涙が出てくる。
多分、心療内科にいったら、「うつ」だといわれるかもしれない。
沢山薬を処方されるかもしれない。
でも、こうして、文章で悲しみの一部を吐露することで、
なんとか、心の安定を保っているという事もある。
この心の痛みは、あずきが、たった4ヶ月でも存在し、
今も心の中に存在し続けているという証のようにも思う。
だからこそ、私は苦しみに耐えても、
この痛みを感じ続けていこうと思う。

感じ続けていかなければならない。

小さな命を救えなかった、私の責任の重さに比べたら、
死に行くあずきの、あの苦しみに比べたら…

こんな痛みは何でもないのだ。

FIPと戦っている世界中の猫ちゃんが、
あずきの分もどうか、長く長く、生きてくれますように…

※ネココロナウィルスについて

2011/11/24

キャットフードあれこれ考察


猫達に、すこしでも良いものを食べてもらいたいと思い、いろいろフードをリサーチ中です。

現在のフード選びの注目点は、大まかには、
無着色、無添加である事・遺伝子組み換え不使用である事。

色々調べて、とりあえず、購入してみたのは、
カントリーロードと、ナチュラルバランスです。

以前食べていたフードに、今は半分混ぜてあげていますが、
食いつき良好。便も良好。体調、目の輝き、毛並みや艶も良好。
・・少し値が張りますが(カントリーロードで544g 1,365円でした・・)
納得したものを食べさせたいな・と、
いろいろと試行錯誤中です。

情報をあれこれと仕入れているうちに、ちょっと気付いた点がありました。
ウルトラプレミアムフードの類には「穀物不使用」が多い・・
なぜかしら??とさらに調べてみると、
「猫はもともと肉食なので、穀物は必要ない」との意見が多かったです。
猫ちゃんによっては、穀物によるアレルギーを持っている子もいるようです。
また、穀物は肉よりも安価という点から、価格に反映されやすい。
カロリーが低めになる分、多めに摂取する必要性もでてくる・・
(逆に、穀物不使用の肉ベースのフードは、
カロリーが高めだという声も多い分、
食べさせる量が少なくて済むという事ですね・・
体重に対するフードのグラム数をみても、そう思います。
大食漢の子は、ちょっと注意が必要かも知れませんね)

単純に{そういえば、猫は肉食だよね・・}と、納得してしまいました。
しかし、穀物を使用しているフードが、
市販では多いことも事実です。
メーカーが穀物を使用する理由もあるだろうし、
よーく、調べてみないとわかりませんが。
個人的には、穀物は不使用がいいかな、
遺伝子組み換えリスクも避けられるかも知れないし・・と思っています。


他にも購入検討中は、アニモンダやイノーバ(エボ)など・・・
どれも、高価です・・。
でも、明日の健康に、少しでも繋がれば。
悩み、あれこれ、完全に無くなることは決してありませんが、
愛する子達の為に悩めることも、これまた幸せかな、と・・・

そういえば、3月11日の原発事故以降、
食品の放射能汚染をずっと、ひたすら懸念・不安視している私は、
めっきり、外食することも無くなりました・・
なので、その分、愛猫達にお財布の中身を配分すればいいわけですね。
ものは如何様にも、考えようです。

いつまでも、健康であっておくれ。我、愛猫達。

2011/11/11

これは、始まりにすぎない?

311以降・・また、歴史に残る一日だった・・。

野田首相「TPP参加表明に向けて 関係国との協議に入る」
非常に玉虫色の表現だけど、事実上、交渉参加という事だろう。
全身が粟立つ感じがした。

8時台の私のタイムライン上では怒涛の怒りと悲しみの声。声。声・・・
悲鳴にも似た声が絶えまなかった。
一方で、民放各社はスケートやらバラエティやら・・
会見の「か」の字も見当たらず、結局見れたのは9時のNHKニュース。
これでいいのか、日本人。
この関心の低さ、危機感の無さ・・。
街の声で「大半が知らないのでは」という声に、
それはマスメディアの責任も大きいだろうけど、
今や一家一台パソコンを所有する時代、携帯でもネットは見れる・・そのような中でなぜ、
情報を獲得しようとしないのか、大きな疑問を感じる。
特に、3月に発生した原発震災問題や
子供や母親、農家・消費者を苦しめている放射能の問題、
「亡国」「売国」ともいわれ国論を二分しているTPPの問題は、
歴史に残る事件だと言っても過言ではないと思う。
その歴史のまさに真っただ中にいて、
それを自覚できないこと事態に、危機感や焦燥感すら感じる。

「知る」という事は勇気がいる。労力もいる。時間もいる。リテラシーも、ツールも必要だ。
放射能の晩発障害にしかり、TPPの脅威にしかり、
知ると背筋の凍るような内容も多い。
多少の偏向、誇張はあれと理解し、バイアスに注意していても、
ショッキングな内容のものを消化吸収するには、ある程度の許容力が必要だ。
だから、知らないでいた方がよかった事もあると思う。
しらなければ、たとえ放射能の影響で病に倒れたとしても、
疲労や不摂生等という自己責任論で自分に言い訳できるだろうし、
TPPの余波で、失業したとしても、これも運が悪かった・上司が悪い、仕事の内容が嫌いだった等、
またもや自己責任論や他罰的思考で片づけて、終了するのかもしれない。
でも、原発しかりTPPしかり、個人の責任ではかたずけれらない、
さらに大きな力の中で、ただ1%の貪欲な者達の手のひらの上で、
下僕のようにがんじがらめになって、いたぶられているとしたら、どうだろう・・
人権と自己愛に生きる人間にとって、これほど屈辱的なものはないのではないだろうか?
怒りや悲しみ、絶望感すら味わう事になるかもしれない。
知らない方がよかった事は沢山ある。特に、311以降には・・
そして、街にはまだ知らない、興味もない、知ろうともしない人々であふれかえり、
知ったものと知っていないものの溝は深い。それはまた、知った人間にとっては鮮明に見える溝だ。知らない人はそのまま、何も知らないから、溝の存在さえも気付かないかもしれない・・。
知ったものは、孤独とも戦わなくてはならない。分断とも向き合わねばならない。
だから、知ったが損?なのか?
そうは思わない。
幻想やマヤカシの中に生きるより、偽りの笑みの中で過ごすより、
作られた繁栄の中で操られるより・・
真実を知り、自分の認知する「現実」の中に生きていたいと、私は思う。

晩年、ガンに侵され苦しんでいた精神科医のフロイトも言っている。
「鎮痛剤でぼんやりとするなら、痛みのさなかでものを考える方がましだ」と・・。
私はそこまでの度胸も器量もないが、
テレビ等で思考力を骨抜きにされている感がある今こそ、
見習うべき言葉だと思う。

脱原発ポスター展

絵や音楽は 言葉を超えて 伝わるものだと信じています

25年前のチェルノブイリ
25年後の福島原発事故

過ちから 人間は学べないのか
何故学ぼうとしないのか
絶え間ない 根本的な問いです
答えは 今 私達が だすべきものではないでしょうか


高次の心の防衛機能である 昇華
3月11日以降 数々の惨状にズタズタになった心を癒すには
描くしかありませんでした
今 「心」が見ている真実を
描き止めておかなければ と思いました
そして それが 言語を超えて
核の恐ろしさ 今のこの国の惨状を 世界に伝えてくれるだろうと・・・
微力ながら 「脱原発ポスター展」に
応募させて頂きました

  
他にも素晴らしい作品が1000点近く集まっています

あらためて デザインや絵画の持つ力を感じます

「原発いらない
放射能もいらない
普通の 日常を 返して」