Kyon {Silence Of Monochrome}

Kyon {Silence Of Monochrome}
上記をクリックするとKyonイラストのホームページとなります。ぜひご覧ください。

2018/06/11

ツマグロヒョウモン 57〜 ミコちゃんの旅立ち、そして次の命。

ここ二日間、雨が続く。ずっと降りしきっている。

空が私のかわりに泣いてくれているようだ。


ミコちゃんは美しいツマグロヒョウモンのメスだ。
南国情緒漂う色彩がいつもいつも素晴らしかった。
我が家の「姫様」だった。

ミコちゃんとの出会いは思い出深い。
昨年の12月。川沿いのスミレが一掃されてしまい、コンクリートの壁面にただ一匹取り残されていた幼虫。
彼女を見つけたのは薄暗い夕方、冬の寒いころだった。
他の仲間はおそらく、スミレと一緒に除去されてしまったと思う。
このままでは越冬もできず凍え死んでしまう。
大事に大事に、1センチほどの小さい幼虫を持ち帰った。

冬場はわずかに残ったスミレも枯れていることが多く、食べれる葉を探すのに苦労した。
ほうぼう、あちこち歩き回った。
現在は見事に川沿いのスミレは再生し、あふれんばかりに繁っている。


9日からミコちゃんは様子がおかしかった。一番心配したのは小刻みに震えていること。
それでも、夕方ハチミツ水を吸った。それが最後の食事となった。

10日、ミコちゃんは仰向けになっていた。
夜中に力尽きたのだろうか…。前日は側面にくっついていた。

前日、お休みの挨拶の時、呼びながら指を差し出してみると、ミコちゃんは方向を変えて近寄ってきてくれた。
彼女はきっとわかっているのだと思った。いや、そう思いたかっただけかもしれない。

ミコちゃんは星になっても、美しかった。
仰向けになった彼女をそっともとに戻した。そしてティッシュをしいた紙の箱に移すとき、柔らかい翅が風でふわりと動いた。まるで生きているようだった。
ツマグロヒョウモンは後ろ翅も美しい。光に当たるとキラキラと光る。
ミコちゃんの翅も、朝日を浴びてキラキラと光っていた。

3月から種まきし、最近咲き始めたコスモスと、冬場から咲いているビオラで花束を作り、箱に入れた。


ミコちゃん、どうか安らかに…。

ありがとう。

あなたはとても美しかった。

これからは思う存分、空を飛んでください。


ツマグロヒョウモンとの付き合いが始まったのは、この絵を描いた2カ月後でした。
それまでは、なかなかカメラにも収まらない憧れの蝶でした。
憧れの蝶だからこそ、この手で描きたいと思ったのでした。

今では、私のなかでいちばん身近で、思い入れの深い蝶となりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



最近、嬉しい便りがあった。
昨年9月に種をまき、3月にようやく芽吹き、育ったスミレに、新しい命をみつけたこと。
トゲトゲと見掛け倒しのいかつさがなんとも愛嬌のある、小さなツマグロヒョウモンの幼虫だ。

ツマグロヒョウモンの母蝶よ、今あちこちにスミレが茂っているのに、
よくぞここまで来て、卵を産んでくれた。
あなたがせっかく選んでくれたスミレなのだけど、残念ながらとても小さい株なので、
私がこのこを責任をもって養育します。
そして蝶になったら、夏の大空を颯爽と羽ばたいてもらいます。
オレンジの鮮やかなツマグロヒョウモンは、やはり真夏の空が似合うから。




2018/06/09

ツマグロヒョウモン 56〜 ミコちゃん100日目を迎える

今日は真夏のような暑さ。そして明日からまた梅雨空が戻ってくるとのこと。

ミコちゃんは今日で100日目を迎えた。

昨日から元気のないミコちゃん…。
ひっくり返ってももう自分の力ではもとのに戻れない。また食事の後、いつもネットの側面へトコトコ歩いていったのだけど、それも難しい様子…。
そして今日は触覚やハネが小刻みに震えている。
家人が珍しく心配そうにネットの中を覗いていた。

もうすぐ、さようならかもしれない……。

朝ごはんの蜜も、口吻を伸ばそうとしたが途中でクルッと巻いてしまい、吸わなかった。

強い日差しは避け、しばらく様子を見て、お昼過ぎにもう一度ハチミツ水をあげた。
今度は口吻をゆるゆると伸ばし、吸ってくれたようだった。
まだまだ生きようとしていると感じた。

そしてその後、時間をかけて自力でネットの側面へ移動していた。

アゲハとキアゲハ 12 キアゲハ8号、アゲハ1号羽化

アゲハ、キンカン1号が6/7羽化した。
5/27蛹になってから12日後。
キアゲハが皆そろって10日で羽化していたのを考えると、アゲハは少し遅い。

4匹のうち、2匹が寄生でやられてしまったので、不安のなか、待ちに待った羽化だった。

7日は前日に羽化した最後のキアゲハを朝放蝶した後の、アゲハの羽化だったので、2頭をならべてのツーショットはかなわなかった。
けれど、印象で比べて見ると、アゲハの方が一回り小さかった。
そして、キアゲハはゴージャスな毛(?)をまとっている。

シャープな美しさのアゲハと、「夏の貴婦人」らしいゴージャスなキアゲハ。
どちらが美しいとか…、それは牡丹と芍薬を比べるようなものだろう。


アゲハとの関係は続く。
先日購入したレモンの苗木に卵が二個産み付けられていた。
母蝶はほんとに賢いと思う。
ひとつひとつ慎重に木々を周り、脚で確認してOKであれば産み付ける。それも新芽に!
幼い幼虫は柔らかい葉しか食べれないからだ。

この二個の卵は別のレモンの葉で育てることにした。
虫食いあともあり、かなり大きい苗木だけど、購入したばかりで農薬が心配だから。

そして二個の卵は今日孵化した。

2018/06/05

シジミチョウ 8 第二号も羽化

6月1日
シジミチョウ、第二号が羽化する予定日。
朝方、蛹が黒くなっていたが、なかなか羽化しない。
どうしたのだろうと不安を重ねて、お昼過ぎ…。
蛹は黒からグレーへと変わっていた。明らかに中の身体が透けている。
もしかして、羽化不全??

悶々としているうちに夕方に。
いつのまにか紙コップの淵にかわいい蝶がくっついていた。

蝶は朝方羽化するという意識があったので、夕方の羽化は意外だった。
今日はこのまま泊っていってもらい、放蝶は明日にしようと決める。



6月2日
とても天気が良く放蝶日和。
あの美しいブルーの翅をなんとかカメラに収めたいとケースの中を見ているうちに、
シジミチョウが蓋の隙間からするっと出てしまった!
そんなにも小さいのか…。

なんとかそっと捕まえて、このままベランダで放蝶。
風に吹き飛ばされるかのように、いなくなってしまった…。

可愛い姿は何点か撮影できたものの、今回も、羽化と翅を広げた姿は収められず…。
でも、無事に羽化できてよかった。。


ツマグロヒョウモン~保護したツマさんたち(ミコちゃん)55~  

6月5日
今日でミコちゃんは羽化してから96日。
幼虫時代も入れると約7カ月一緒にいることになる。

翅はだいぶボロボロだけど、まだまだツマグロヒョウモンのメス特有の美しさがある。

最近、ちょっとびっくりしたことがあった。
4日の朝、ミコちゃんの様子をみると、ミコちゃんが仰向けにひっくり返っている…!
死んだように脚をキュッと縮こませている…。
以前は仰向けになっても、翅(背筋?)の力で元に戻ることができた。
しかし、それもできなくなってしまったようだ…。
この状態でどのくらいいたのだろうか?
指を差し出すと、捉まってきたので、そのままくるっと元に戻した。
それからすぐに蜜をあげると、お腹がすいていたのかすいすいと飲んでくれた。

ほっとした…。

大きく羽ばたくこともなく、動きがだいぶゆっくりとなったが、蜜も普通に飲んでいるし、
今現在もネットの側面につかまって、涼しい風を浴びている。

ネットは特大サイズから、小サイズに変えた。
万が一、上から落ちてしまったとしても、ダメージが少ないかと思ってそのようにした。

ツマグロヒョウモンと一緒に過ごすことがすっかり日常になった今、
まだまだ一緒にいたいと思うが、ミコちゃんはどうだろう。。


街ではやっと、ツマグロヒョウモンのオスがすばやく飛んでいるのを見かけたが、アゲハやモンシロチョウほど目視できない。
3月頃に買ったニオイスミレももりもり茂っているので、どうぞ卵を産み付けて頂戴という感じなのだが。
知らない(または興味のない)ガーデナーからは確実に目の敵にされ
赤と黒のトゲトゲの、いかついお子様に早く会いたい…。