Kyon {Silence Of Monochrome}

Kyon {Silence Of Monochrome}
上記をクリックするとKyonイラストのホームページとなります。ぜひご覧ください。

2022/07/08

不思議な偶然

 あっという間に梅雨が終わりカンカン照りの日が続いていた6月下旬。思えばこの急激な暑さも老猫にはこたえたのだろう。

それなのに、わさびが旅だった日は暑さがやわらぎ、朝からシトシト雨が降り、次の日、わさびの火葬の日も曇り空からやがて静かな雨空となった。

私にはわさびの涙雨に見えて仕方なかった。


わさびが旅立ったその瞬間も、家人が病院から帰ったわずか5分後だった。

もし病院での滞在時間が長引いていたら間に合わなかったかもしれない。


こじつけと言われればそれまで、偶然といえば偶然だろうだけど、

これまで数々奇妙な話を聞いてきて、こういう不思議なことはあるのかもしれないと感じている。


不思議な偶然の一致はもうひとつ。

わさびとの出会いは14年前、とあるお店に貼り出してあった里親募集に私が連絡を入れたのがきっかけだった。

その時なにかピンときたのだろう。

猫と暮らすための、はじめての応募だった。


そのお店はいつも良い香りのするペット用品店だった。ホームセンターとはまた違った品揃えで、時々利用させてもらっていたが、コロナ禍に入り外出がままならぬ中で、お店にも足が遠のいていた。

そしてコロナのあおりを受けたのか、そのお店は今年の春に閉店してしまった。


お店がなくなったのを見て、残念と共に寂しさを感じた。

このお店の貼り紙がなかったら、わさびとは決して会えなかったのだと思うと胸がつまる。


そして同じ年に、わさびも虹の橋を渡った。









2022/07/07

わさびの思い出 1

 私が部屋で、畳んだ布団にもたれかかって休んでいるとき、

「わさび~」と呼ぶと、しばらくしてどこからともなくやってきた。

かわいい声で鳴くと、私の体をよじ登って布団の上に行く。

ふかふかしたものが大好きなわさびは、布団に身体をうずめて満足そうに「んにゃ んにゃ 」と鳴く。

そして私にほおずりして、鼻やほっぺたを何度も舐めてくれた。

ツンデレわさびの愛情表現。

こうして私に添い寝してくれるのだった。



当たり前だが、今は呼んでもわさびは来ない。


それでも呼んでみる。


幽霊でも幻覚でもいいからでておいで。



面影と触感を思い出しながら寂しさの中で、

なかなか夜眠れない私はうとうとしてくる・・・。



2022/07/06

わさび







7月4日、この日は10時に病院へ行く予定だった。

しかし、わさびの容態は刻々と変化し、ぐったりとして病院へ行ける状態ではなかった。

尿はもう48時間以上出ず、口からぷつぷつと音がしてきた。目は開いているが虚空を見ているようだった。

不思議だったのは、100ミリリットルの補液がスッと身体から消えたこと。

いつもだったら背中にこぶの状態でしばらく残るか、胸から腕のあたりに溜まるのに。

それだけ脱水が進行しており、すぐさま吸収されたということなのか。

それでも頼みの綱である尿が、出ない。


私としては最初、はっきりと原因を知りたい、今の状態を把握したいという思いだった。

家人は否定的でこの状態で運ぶのはもう無理、わさびの立場だったらもうそっとしておいてという感じだと。

9時、私も家人に同意し、まず家人が病院へ向かい、先生に状態を報告し指示を仰ぐ。そして連れてきてと言われたら車で直行する。


家人の連絡を待つ間、悲しみが込み上げてきた。もうがんばらなくていい、14年間ありがとうと声をかけた。

母が様子を見に来て、湿らせたコットンで水をふくませてくれた。何度か小さくこっくんと飲みこんだ。

てっきり水も受け付けないと思っていたので、これは意外だった。とともにまだ大丈夫なのかもと、かすかな希望を見た。

たくさん身体や頭を撫でてもらった。私たちが長期留守をしていたり、私の2度の入院中の間、母にたくさん世話をしてもらった。最後までなつかなかったけど・・・。


だんだんと呼吸が早くなってきた。

わさびは時々苦しそうに大きく口を開き、はあはあと苦しそうに息をする。

不安でいっぱいだった。ただただわさびを撫でてあげることしかできなかった。





家人が帰ってきた。

ショックで死んでしまうかもしれないから連れてこなくてよい、そして、利尿剤をうってくださいと。

おそらく肺に水が溜まっているのではという。

そこで尿を出すことで体の水分が抜けて楽にさせるために利尿剤を打つ。


家人とあれこれ話し合って、だめもとでもやってみようとなった矢先、

わさびの大きな目がふわっと開いて瞳孔が大きくなるのを見た。

そして次の瞬間、小さく息をして呼吸が止まった。


静かに、スッと、旅立った。


享年14歳11カ月 あとひとつきで誕生日だった。


2021年4月の腫瘍の手術ではわさびを失うことに不安でいっぱいだった私は狂ったように泣いていた。

外耳炎で診察を受けた時、鼓膜の穴に気付かずアルコールを入れられて、眼振を起し入院したときも、

2021年12月に補液で一気に具合が悪くなった時も、

事あるごとに不安と恐怖に襲われて、パニックになっていた。

それが今回、わさびが目の前でスッと旅立った時、心が穏やかだったのはなぜだろう。


これまで泣かないと決めていた家人は、その瞬間、ダムが決壊したように泣いていた。



死因はおそらく腎不全悪化による多臓器不全。肺水腫も関係しているだろう。

今まで懐疑的だった腎臓病につきものの補液について、3日の時点であの脱水状況と膀胱に尿が溜まっていなかったことで、まずは補液によって尿を出すという納得の上での選択だったが、あの時補液しなければよかったのかと何度も自問自答し、家人とも話した。

短い時間の中での難しい判断だったと思う。

しかし家人と一致したのはやはり、その選択しかなかっただろうと。

そしてそれ以前にもう腎臓が機能していなかった可能性もある。

3日にとったエコー検査では残っていた片方の腎臓が2倍に腫れていた。


腎不全の終着駅=無尿になってしまうと、こんなにも早く連れていかれてしまうのか。

呆然とした。


自分についても感情が責めてくる。

わさびがガクリと体調を落とし始めたのは6月の中旬、おもらしをしてしまったころから、持病の外耳炎が再発し、変な太くて深い声で鳴くようになり、わけもなくウロチョロするようになっていた。

その頃から尿量が減っていた可能性がある。しかし、「安定期」という言葉により心にフィルターがかかっていたのと、とりあえず尿が出ていれば安心という固定観念で見損なっていたかもしれない。

なにより私が、「わさびは元気、わさびは大丈夫」と思いたいがために、自分自身にイリュージョンを見せていたかもしれない。

もしも6月早いうちに乏尿に気付き相談できていたら・・・。


たられば思考の波に何度も襲われた。



他方、こうも思う。

昨年12月、よく理解せぬまま受けた補液でわさびの容態が非常に悪くなり、水もごはんも受け付けず、くらがりで小さく鳴きながらうずくまっているわさびを見た時、その後悔と怒りはすさまじかった。

医師は良かれと思ってやってくれているから責められない。その時の獣医さんも10年お世話になった優しくて親身なお医者さんだった。

だから刃は自分に向いた。そうならざるをえなかった。

無知は罪だ。無知は怖い。

自分たちの無知のせいでわさびを苦しませたと、家人とともに責め合った。


しかし、その一件から近所の良いお医者さんと出会え、緻密で的確な診断と処方薬でみるみるわさびは元気になった。

一時は2キロに落ちた身体も、5月には体重2.4キロになり、ごはんを何度もおねだりし、

軽快に階段を駆け上がった。

半年ほとんど元気に暮らせたのもこの医師のおかげだと心底思っている。

言葉では伝えきれないほどの感謝がある。

ここ何日間かも無理をして診てくれていた。


思い出深いのは、いつも忙しそうな先生がふとリラックスしていた時に、

わさびについて尋ねてきたことだった。

「わさびって洋猫がまざっているのかな」

かわいいですね、漫画のようだと言ってくれた。

数多くの猫を診ている寡黙な先生からの最高の誉め言葉と思っている。

よかったね、わさび。


実際、わさびはほんとうにかわいい猫だったのだ。

家人はよく、わさびは猫ではない、かわいいといういきもの、

かわいいのかたまり、かわいいの権化だと言っていた。


2016年ころのまんまる顔とまんまるおめめ。



わさびのことを愛してやまない家人だったが、こうもよくぼやいていた。

わさびは自分になついていない、嫌われていると。


それは違うということが今回ではっきりしたでしょう。

だってわさびは、家人の帰りを待って、旅立っていったのだから。



最後に私のことを少し。

わさびを半年間、つきっきりで看病できたことは幸運だったと思う。

朝早く、そして夜遅く、日中何度も投薬するのは私も正直辛いところもあった。

特に苦手だったのはカリウム補給のフィトケアで、これをわさびはとても嫌がり、

最終的には私の顔をみるとえづくようになっていたのにはこたえた。

日中、仕事がある方は思うように看病できなくてつらいという話も聞いたことがある。

その点、私はほぼすべての時間をわさびに費やすことができていた。

12月にいったん死を覚悟してから、少しづつ元気を取り戻し、春に桜が見れて、あとは8月の誕生日を迎えようという希望を抱きながら、楽しく前向きに過ごしたわさびとの濃厚な半年は私にとって一生の宝物であり、ほんとうに幸せだった。


ありがとう、わさび。

14年間、ほんとうにありがとう。

これからは病気も投薬もなにもない、苦しみの無い自由な世界で、

軽い身体で、蝶を追いかけ飛び回ってね。


友達であり、相棒であり、家族だったわさび。

絵を描くとすぐに邪魔してくるから、なかなか描画が進まなかったけど、

今ではそれもかけがえのない時間でした。


だんだんと布団にもぐってこなくなったり、

トイレのフタにのって肩もみもしなくなったり、

高いところでひなたぼっこしなくなったり、

同居猫のくるみにいじわるしたり、絵を描く邪魔もしなくなって、

いつもいる場所にいないことが増えて、

だんだんとあなたの姿を探すようになっていった。

それは近い未来への、さよならの練習だったんだね。


2011年ころのわさび(右)とくるみ。
お互いに鼻であいさつしたり、おしりをかぎあったり。
それ以上でもそれ以下でもない関係。



これからあなたのいない日々が、日増しに辛くて寂しくてどうしようもなくなってくるだろうけど、

いつかまた会えると信じているよ。

それまでどうか、待っていてね。



あごのせ大好き、ベットの二段重ねも大好き。


2022/07/03

咲き続ける命

 5月下旬の検査でのわさびの数値はおおむね良好だった。

BUNは36、これはほぼ症状が出ない値。クレアチニンは3.1とやや上昇したが、

カリウムは日々のフィトケアのおかげか(1日2.3-2.4ml)3.1と少し上昇。

彼女の状態を見ても体調がよさそうで、先生からも安定期に入ったかもと、

これからは2カ月にいっぺんの検査でもよいでしょうとのお言葉を頂いた。


それからゆっくリ日々は流れ、梅雨にさしかかった6月上旬、わさびが突然変な声を出し、

初めて粗相をしてしまった。

今思えばそれが「始まり」だったのかもしれない。



7月に入り、急に嘔吐を繰り返すようになり、病院へ行った。食事も受け付けない。

制吐剤のファモチジンはもう効かないため、もっと強力な制吐剤のセレニアを投与してもらった。24時間は効いているらしい。

とにかく嘔吐を抑え、気持ち悪いのを取り除いて、水や食事をとってもらえるように。

嘔吐は止まったが、それでも飲食できず、変な声を出して夜通し起きている。

ふらつきも出てきたので、再び病院へ、なんとか診てもらえることに。

詳しい検査はまだだが、エコーで見ると腎臓が2.9から4.4にまで大きくなっているという。

腎不全が一気に進行してしまったのだろうか。

脱水もしているので、100ミリリットルの補液を受ける。それはすぐに吸収されてしまった。

大きな問題は尿が出ていないこと。診察を受けた時は24時間以上出ていかった。

触診では膀胱に尿がたまっていないという。

補液をしたので尿は出ると思うといわれたが、今の今まで出ていない。


もしも腎臓で尿ができない状態だったら、それは別れが近いということか。


現在、比較的暖かい部屋で(痩せていて脂肪がないので暖かくしてあげてといわれた)、

そっとケージの中で横たわっている。そして寝返りを打つ度に妙な鳴き声を上げる。

3時間おきくらいにシリンジで水分を与えているが、尿をする気配はない...。



こういう時(私だけかもしれないが)ちょっと思考停止状態になるようだ。

考えると沼にはまって動けなくなりそうだ。

まだできることはある、わさびだってあきらめているわけではない。

しかし、ただただ、そっとしておいてほしいのかもしれない。


かつてひどい外耳炎で入院したり、腫瘍の手術の時はひどく落ち込み、

日々不安で泣き通したが、今は少し違う。

大きな落ち込みから這い上がってきたわさび、半年間一日四回の投薬を逃げることなく受けてくれた、これまでのこの子の頑張りを考えると、

もう泣くのも少し違うと感じるようになっていた。



今年は梅雨があっという間に終わり、季節は中間が年々薄くなり、

そのうちこの国は夏と冬だけになってしまうのだろうか。

神様にはわさびと桜が見れますようにと願い、それは叶った。

次はどうか8月の誕生日までと願ったが、そうは甘くないのかもしれない。


14年間私に生きる力を与えてくれたこの小さな天使に、

せめて、穏やかな旅立ちを。

そう願うことは贅沢なのでしょうか。





2022/04/24

わさび 重要なカリウム数値

 わさびは1カ月に一度、定期検診を受けている。

毎回わさびは嫌だろうと思うのだが、それでもだいぶ慣れてきた。

血液を採るときもおとなしく、とても良い子ですよと言われた。

(おそらく固まって動けないだけだが…)


毎日の投薬(一日4回)はそれなりに大変だが、それ以外の時間はゆったりと過ごし、

以前よりもよく食べ、声にも張りがある。

階段も軽快に駆け上がる。高いところにも上ろうとする。

そういう姿を見ていると、身体が軽いのだなとほっとする。


血液検査などの数値はあくまで数値なので一喜一憂してもしかたないのだが、

それでも身体の大事なシグナルである。

また数値は冷静かつ客観的に考えるための一助となる。

そしてこれまでの経験から、データを細かくみて判断してもらうということの重要さも痛いほどわかった。


3月下旬は体重が少し増えて2.26キロ。これは喜ばしかった。

BUN53、CRE2.7。BUNは少し上がってしまったがクレアチニンは下がった。ラプロスが効いているのだろう。

ただカリウムは2.5と低いままだった。

前回カリウムがなかなか上がらないのでもう少し増やしましょうということになり、1日2mlあげていたものを2.2mlにしてみていたのだがそれでも低いままだった。

食事などのタイミングもあるかもしれないが血液検査の時間はいつも大体一緒。

なぜ?という気持ちになる。

先生の「ちゃんと、飲めていますかね?」という言葉が少し刺さる。

カリウムを補うためのサプリメント=フィトケアは液体だが、これを嫌がりなかなか難しく、私も気持ちがやや及び腰になることがあった。

(用意している音を聞くだけで隠れてしまう)

しかしカリウムは命に直接に関わる重要なものだという。

もっときちんと対処しよう、そう考えた。

与える量も2.3~2.4mlを目指した。


そして4月の結果。

BUN46、CRE2.6。良好な値にほっとする。

カリウムも3と、まだまだ低い値であるがやっと上がった。

カリウムは心臓や筋肉に影響する重要なものなので、低い値が継続するのはよくないという。2.2以下は危ない。

3という数値なら少し安心です、と。

カリウムが上がってくると、食欲も上がり、好循環が期待できる。


腎臓病でよくリンという値も聞くが、場合によってはリン制限も注意が必要そうだ。

わさびはこれまでリンが0.6以下の腎臓食を食べていたが、あまりおいしくないため食も細くなるし、リンの値も低く出てしまっていた。

猫にとってはリンも必須栄養素なので低いままは悪影響する。

高齢猫用の一般食を考慮してみては?との助言を受けて、尿路に配慮したそれらを与えるようにしたら、リンの値はすぐに上がってきた。

リンはうまみ成分でもあるのでよく食べるようにもなった。


体重はさらに増えて、2.34キログラムとなり、これが一番うれしかった。

12月には2キロまで落ちてしまったのだ。抱くと羽毛のように軽く感じ悲しかったのを覚えている。

よくここまで回復してくれたと、わさびには感謝しかない。


それでもわさびの腎臓は20%しか機能していないだろうという。

それをソフトな方法で支えて維持していく。

彼女を不安にさせQOLを下げてしまうようなハードな治療は極力さけたい。

私たちが考えているのは、転がりゆくボールの速度を少しでも遅くしたいということ。

坂道の傾斜を少しでも緩やかにしたい。

止めることはできなくても、ゆっくり歩ける程度の傾きで、

かけがえのない命といつまでも共に歩いていきたいということ、それだけだ。



・・・・



わさびを診てくれている今のお医者様に出会えて感謝している。

毎回、的確かつ分かりやすい言葉で対応してくれる。

そしてれは、昨年、実家にかわいい子猫がこなければ出会えない縁だった。

さらに、その子猫と引き合わせてくれた今は亡き先代猫の存在も大きい。


すべては繋がっていると感じてやまない。