Kyon {Silence Of Monochrome}

Kyon {Silence Of Monochrome}
上記をクリックするとKyonイラストのホームページとなります。ぜひご覧ください。

2018/07/16

アゲハとキアゲハ 18 命のサイクル、第三弾。

連日の猛暑…。とにかく暑い!
ベランダの朝の水やりは8時では遅すぎる。太陽がすでに照りつけてたまらない。長時間いては危険なレベル。
そんななかでも、ペチュニアやランタナ、カリブラコアや百日草といった夏の花々はたくましく咲いている。夕方はペタっと眠ってしまうポーチュラカももうすぐ花が咲きそうだ。

6月に購入したレモンの木も順調に育っている。枝が伸びすぎて母親は切った方がよいと言ってくるが、さてどこを剪定したらよいかいまいちわからない。まぁ、蝶が産卵しにきたら幼虫の餌にする葉ゆえ延ばすだけ伸ばしてしまおうなどと考えている。
そんな矢先、またあらたに卵が産み付けられていた。その新しいレモンの木に卵が5つほど…。
隣のキンカンの木にもついている。それがまた多い…。しばらくネットをかぶせておいたのだが花が咲き始めたので受粉のため1週間前ほどからネットを外していた。花はとても良い香りがする。様々な虫たちがその良い香りに誘われて訪れる。これは蝶も時間の問題だろうと思っていたら、育ち始めた新芽にたくさんの卵…。
今あるだけで7つ、いや8つ?
そこで頭の中で考える。{キンカンはどれくらい養育できて、新レモンはこれぐらいで、母親のレモンにも今一度助けてもらおう}

6月25日に孵化した新レモンの3匹はすでに7月14日に蛹となった。今回は成長に個体差があまりなくみんなそろって蛹化した。ああこれでひと段落と思ったら、またこの産卵ラッシュ。うれしいような戸惑うような…。
来てしまったものは仕方ないので育てることとし、今のプランでは全体を10としてキンカンで4、新レモンで4、母レモンで2の割合で考えている。
そしてすべての柑橘類にネットをかけた。


さて、嬉し困った問題がキアゲハでも…。
先日、第2弾のキアゲハがすべて羽化した。ペアで羽化したものもあったが、飛ぶときはおのおのバラバラだ。この時も食料難に陥り、購入した無農薬パセリでなんとかしのいだ。

そして命のループは続く。私もそれにまんまと組み込まれている様子…。
今日、朝の猛暑のなか、なにげなく小さなプランターのパセリを見ると黒いものが…。思わず「あっ!」声をあげてしまった。キアゲハの幼虫が二匹、ちょこんとくっついている。よくまぁ、こんな狭いベランダまできたなと感心。
そして別の開けた場所にある花だけになったパセリも確認してみると、やはりいた。5匹。
さらに別のプランターにも1匹。
不思議なのは、”無農薬”と店主に聞き最近購入した立派なパセリには一匹もついていないということ。そばにあった花だけパセリにはたくさんついているのに。怪しいパセリがわかるのだろうか。
また幼すぎる苗のパセリにも幼虫はついていなかった。

さて、この時点でもう食料難。
購入できるからよいだろうと安心はできない。事実、前々回購入のA社も前回購入のB社も品切れしていた。急ぎわらにもすがる思いでC社の無農薬パセリ(今度はイタリアン)を購入。届くまで自家製パセリでなんとかしのげるとは思うが…。
これ以上はしんどいので、ベランダのすべてのパセリは「閉店」とするしかない。











2018/07/08

アゲハとキアゲハ 17 キアゲハが羽化。そして小さなアゲハ蝶も。

7月7日、キアゲハが2頭羽化した。蛹化から10日の羽化、9号と10号。
やはり大きくてゴージャスな蝶。
その前、5日に羽化したアゲハは、雨が続いていたのでいったん特大蝶用ネットに収め、天気が安定してきた7日の放蝶とした。

…この5号、ちょっとしたハプニングがあった。
ケースの側面で蛹になった。羽化のタイミングが合いそうなので近くにケースを置き様子を見ていると、ほどなくして羽化が始まった。その様子は連射でカメラにおさめることができた。
そして翅が広がり乾かしている最中、横に移動したかと思うと、また戻ったりしたり落ち着かない。そして・・・落下!
ツルツルの側面で蛹化したので蛹の上にガーゼを貼るなどして補強しておいたもの、やはり足場が不安定だったらしく、まだ翅が柔らかいうちに仰向けに落ちてしまった。
すかさずケースを開けて、指を差し出すと這いあがってきた。
指から腕にどんどん這いあがってくる…。このままではまずいと、近くにあった羽箒に移動させた。
そこでぶら下がり、その後羽箒をケースに安定させてなんとか落ち着いた…。
危なかった…。写真撮影のために様子を見ていてよかった。
そしてクーラーなしの暑い部屋でなかあせりに焦って、汗だくになってしまった。。

時々3匹に1匹は側面で蛹になるが、やはり足場は安定させておいた方が良い。
蛹の上にガーゼを貼ったり、ケースの側面にキッチンタオルなどを貼っておく。そうすれば万が一、落下しても自力で這い上がれる。
備えあって憂いなし。また一つ大事なことを学んだ。



最初に羽化したキアゲハ一頭を、ネットに入れてみた。
5日に羽化したアゲハは小ぶりだったため、さらにキアゲハが大きく見える。
色はアゲハの方が薄く、光の加減で青白い感じすらする。
しかしどちらも美しい…。なんどみてもため息が出る。
3頭の蝶は風にあおられながら、次々と飛び立っていった。


そして、本日8日、またアゲハが羽化した。
アゲハ11号。このこは先月、ホームセンターの山椒の苗についていたこだ。
終齢での保護で寄生など心配していたので、無事羽化してくれて本当に安堵した。
よかった。よかった。

さらに、心配な蛹がもう一つ…。レモンで育ったアゲハ12号。
とても小さな状態で蛹になったこが、黒くなってきていた。羽化直前の合図。
それを目視したのは本日の昼過ぎ。そろそろ出てくるだろうといくら待っても出てこない…。そのうち夕方になってしまった…。
あまりに小さかったので蛹になった時点で力尽きてしまったのか?
不安なまま少しほうっておくと、午後17時過ぎ、小さな小さな蝶がぶらさがっていた。
ふわふわとゆっくり翅を動かし乾かしている。
おそらくツマグロヒョウモンよりも小さい。それでも立派なアゲハチョウのメス。
とっても小さいのでアゲハのミニチュアにもみえてこれがまたかわいらしい。
今日はもう遅いので明日の放蝶としよう。

心配していた2つの蛹。
無事に羽化してきてくれて本当に良かった!



2018/07/06

ツマグロヒョウモン 69~ ありがとう。そしてまた、出会おう。

昨年から種より育てたスミレ。小さなそのポットに産み付けられたツマグロヒョウモンの幼虫が6月26日、天気の良い日に無事に羽化し、大空へ旅立った。
その日はアゲハ5号も一緒に羽化した。

蛹になってから10日だった。やはり、冬場ミコちゃんが羽化に1カ月かかっていたのを考えると、この時期は早い。ツマグロヒョウモンにとってもこれが通常の羽化なのだろう。
いつものように鮮やかなオレンジ色。今回はオスだった。
ケースの蓋をあけると一瞬で大空へ舞い上がり、透き通ったブルーの空に消えて行ってしまった。

これで、昨年10月から続いていたツマグロヒョウモンとの付き合いはいったんピリオドとなった。
トゲトゲ芋虫もメタリックな蛹もない生活は、なんとなく寂しい感じがする…。

我が家の狭いベランダには、サイズは小さいが所狭しとスミレの鉢が並んでいる。
一番立派に育っているのは3月頃に購入したニオイスミレだが、これにはツマグロヒョウモンは産卵せず、小さなポットの地元スミレに産み付けていった。やはり好みがあるのだろうか。
また母ツマさんがベランダに訪蝶し産み付けてくれることを願いつつ、スミレの栽培は難しいが、続けて頑張ってみよう。


いろいろな気付きを私に与えてくれた多くのツマグロヒョウモン達、
本当に愛らしかった鮮やかなオレンジ色の蝶達、
けなげに生きていた彼らに、両手ではあふれるほどの多くの感謝を込めて…。


2018/06/30

アゲハとキアゲハ 16 アゲハの個体差、キアゲハは安定。

関東が昨日梅雨明けをした。
天気予報も連日、そして今後も晴れ続き。
梅雨の時もそうだったが、高温が続く日々も植物の管理が難しくなってくる。

アゲハとキアゲハ、現在いるメンバーは、まずアゲハが幼虫=8(終齢=5、チビ=3)、蛹=6。
先日ホームセンターで購入した山椒についていた幼虫も小柄ながら無事蛹になった。
色は枯葉色。寄生があるかどうかはこれからわかるだろう。
キンカンの木には2匹、終齢幼虫がいたのだが(キンカンには念のためネットをかぶせていた)、一匹はどこにいったのかとんと見当たらず、もう一匹は無事蛹になった。が、前蛹の時点で小さな虫が数匹たかって離れなかった。おそらくアオムシコバチだろう。前蛹もしくは蛹に産卵、100匹から300匹の個体がでてくるというのでぞっとする。
前蛹のその様子を見て、ああこのこはもうだめかも…と腹をくくった。蛹になって1~3日は正常な様相だったが、5日もたつと、下の節が伸び始め変形してきた。色の変化はなかった。100匹のコバチをみるのはしんどいし、今後の被害防止もかねて、この蛹は破棄した。自然界では約9割がなんらかに寄生されているというがあながち嘘ではないと思う。

キアゲハは現在、蛹が4、幼虫が1。その幼虫も本日蛹になるべくゆるいウンチをした後、ケースの中をうろうろとしている。このこは先日怪しいパセリをあたえてしまったこだが、危険を察知して食べるのをやめたとても賢いこ。その後届いた無農薬パセリについては念のため購入先に問い合わせをし、化学農薬の他、天然由来の農薬も使っていないとの答えを得た。そのパセリを食べたもう1匹も本日無事に蛹となった。

前回は8頭羽化したが、どれも立派で大きな個体だった。キアゲハの蛹は大きさが一定しているように思う。一方、アゲハは個体差が激しい。食草にもよるようだが、レモンの葉を食べたこはキアゲハなみに多くなるし、キンカンの葉を食べたこは小さめの蛹が多い。今までで一番小さい状態で終齢になったこが、終齢になって8日後の昨日、蛹となったがやはり小さかった。
あまりに小さいと羽化不全の不安が残る…。大丈夫だろうか。

幼虫時代もキアゲハとアゲハは性格が違うように感じる。アゲハは警戒心が強く、すぐにあの触覚をだして臭いを充満させるが、キアゲハはいたってのんき。ちょっとやそっと揺らしたりさわってもでんとしていて、ぐう~っといびきが聞こえてくるかのよう。大きさもアゲハより一回り大きくムチムチとしている。歌舞伎役者のような顔つきも色合いも特長的で愛らしい。


アゲハは空の宝石のごとくいつみてもはっとする美しさがあるが、さすが「夏の貴婦人」との異名をもつキアゲハは、その大きさも色合いも格別で、はまる人がいるのに納得がいく。はまったひとたちは一度食糧難も経験し、それからせっせと彼らの食草であるパセリや三つ葉、明日葉などを育てるらしい。
わたしも来年にそなえてパセリを育てている。大量収穫が期待できるが種から育てるのは結構難しい。種をまきつつ、無農薬の苗を何個か購入してそれらを育てることにもした。

キアゲハのおかげてパセリの美味しさとその効能に目覚め、毎日食べるようにもなった。
パセリを育てて収穫する楽しみも増え、また彼らのおかげて農業の奥深さをさらに感じるようになった。
野菜をきちんと、丈夫に美味しく育てるって難しい…。
無農薬で頑張っている農家の皆さん、本当にすごい!!

2018/06/27

アゲハとキアゲハ 15 食糧難、そして反省。

キアゲハは三匹が体調5cm、幅1cmほどに成長。ものすごい食欲である。
そこで、とうとう、食糧難に…。
このような話はネットでもよく見かける。

無農薬で育てていたパセリは本日、ほぼ枯渇状態。なんとか採取した葉を食べてもらっている。
化学肥料や農薬が未使用の無農薬パセリがくるのは明日…。
本日、なんとか2匹が前蛹となった。が、食べ盛りの幼虫があと3匹…。

そこで先日、買い物で近所を歩いていると園芸店によく育ったパセリの苗が。
幼虫に食べさせないまでも、今後のために育てておこう、と購入することにした。
そこでいちかばちか店主に農薬の使用を聞いてみると、この苗は無農薬だとの返答。
食糧難に陥っている私のなかでかすかな光が。

これだけ生い茂っていれば、かれらを満腹にさせられる。
でも、どうだろう、農薬未使用の苗がこんなに手短に安価にかえるだろうか?

期待と不安とが交錯すること、その日一日中。
苗はさっそくプランターに植え付けて、徒長ぎみのものを摘んだ。
そして摘んだものをそれを水でよく洗い、水にひたすこと半日。
「無農薬」という言葉を信じて、夜に、まず一匹に与えてみた。

すると…。


翌日、幼虫の様子がおかしい。
葉が減っている様子はなかったが、フンをしているので少し食べたのだろう。
じっとしている姿はちぢこまっていて元気がない。
その様子を見て一気に不安と怒りが胸に渦を巻き、「ごめんね、ごめんね!」と言葉が出た。
あの苗は、幼虫に危険だったのか。ああ、焦るんじゃなかった。

すぐに葉と幼虫を引き離し、うちの無農薬パセリをそばに置いた。
幼虫はなかなか動かない。しばらくすると、小幼虫のとなりで二回り大きい幼虫が心配そうに寄り添っているように見えた。
{元気ないよ?どうしたの}{へんなもの、食べちゃったの・・・}
そんな会話が聞こえてくるようで… … …。

小さな幼虫が首を2、3回ふった。それからまたしばらくして、幼虫が葉を食べている様子が見れた。あの旺盛な食べ方ではなく、なんだかもぐもぐ小さく口を動かして…。
その様子を見て安堵もつかの間、後悔と、幼虫への申し訳ない気持ちでいっぱいに。
無農薬パセリならやはり相当の値段はする。前回購入した食用パセリだって50gで300円以上はした。自分の直観を信じればよかったのに…。

一日中、家事や仕事をしながら、小さな幼虫のことが気になって仕方がない。
幼虫が賢かったのか、例の苗の葉をあまり食べておらず、致命傷には至らなかったようで、その後は次第に食欲も戻り、ケースの中を歩くまでとなった。
どうか、かれの免疫力で毒が消えますように…。もう、祈るしかない。

キアゲハの幼虫を育てていて食糧難になり、スーパーで購入したパセリをあたえて、その後悲しい体験をしてしまった人々は少なくないようだ。
購入苗もしかり…。
自分で種から育てるのが一番安全だろう。または、半年以上育てて毒が消えたであろう苗など。
こういうとき、我々は一体何を食べているのだろうと思う。
虫が死んでしまう食料とは?虫もつかない野菜とは?
だから、農薬には基準がある。
しかし基準値以内だからと毎日、食べてよいのだろうか?食べたいだろうか。
食品添加物や化学調味料などとの複合的な影響は?

小さな命に教えられることはたくさんある。
それだけ、ヒトは自然から、もっとも遠い存在になりつつあるのだと…。